注意!引越ししたてや新築で車庫証明がとれない!?

引越直後だと車庫証明がとれないことは意外とある

私の経験上、車庫証明申請が通らない原因第2位が引っ越ししたてのケースです。

ちなみに第1位は駐車場に車両が収まりきらないというもの。書類不備や記入ミスも含めればそれが最多となりますが、形式をきちんと整えていても引越ししたてだと落とされることが多いのです。

なぜ引っ越しして間もない時だと車庫証明が取得できないかというと、居住実態(法人の場合事業実態)が怪しまれてしまうからです。

引越し直後は使用の本拠の位置として認められない?

引っ越し直後であっても自動車の「使用の本拠の位置」として認められます。そこに生活拠点を移していさえすれば問題ありません。

しかし、引っ越しして間もないと片付けが終わっていなかったりするなどして本当にそこに住んでいるのかどうか判別がつきにくいことがあります。

電気やガス・水道が未開通だと車庫証明は通らない?

電気やガス、水道などが未開栓のままだと基本的に車庫証明は通りません。

管轄する警察署によって扱いに差があるため未開通だと絶対に通らないというわけではないのですが、通らないことの方が多いです。

一般常識的にみて電気や水道を使わずに生活しているとは考えにくいからです。現地調査に訪れた警察職員(または委託業者)はまずは表札やポストの名前で居住実態を判断しますが、表札がないときは電気やガスが利用されているかどうかを調べることがあります。

電気やガスは開通に立ち合いが必要で日程調整が長引くこともあるかもしれませんが、自動車関係の手続きはその後にした方がいいでしょう。

特にマンションやアパートは注意

「使用の本拠の位置」で引っかかってしまうのは一戸建てよりもアパートやマンションの方が多い印象があります。原因ははっきりしていてポストあるいはドア横に表札を出していない方が意外と多いからです。

表札がないだけで車庫証明が通らないということはありませんが、以下のような状態だと居住実態がないとみなされる可能性が高くなります。

  • オートロックがエラーになる
  • 郵便受けにチラシや郵便物がたまっている
  • ポストの名札やドアの表札が以前の住民のまま

オートロックのマンションでポストに名前を出していない方もいらっしゃいますが、そのような時は呼び出して居住実態を調査します。

呼出し時に不在でも問題ありませんが、オートロックの呼出しが未使用のエラーになる時は確実といってもいい位アウトです。

使用の本拠の位置として認められなかった時の対処法

使用の本拠の位置として認められなかった時は原則として再度書類を揃えて申請し直すことになります。

警察署によっては公共料金の領収書を使用の本拠の位置を証明する書類として扱ってくれるところもありますが、引越しして間もない時期だとそもそも領収書自体がないことの方が多いと思います。

車庫証明を取る時だけでもポストに名前を出しておいてください

車庫証明が通らない原因の一つが居住者不明です。

引越し直後に納車予定、あるいは車庫の変更をする方は車庫証明が出るまでの間だけでもいいので表札をつけておいてください。

特にオートロックのマンションにお住まいの方はポストに名前を出しておいてください。これだけで結果が全く違ってきます。わざわざこのページを作ったのもこれが言いたいがためです。

ポストに名前を出さない事情は人それぞれだと思いますが、よろしくお願いします。