OCR第1号様式 – 所有権留保解除の記入例。ローンを完済した時の手続き。

所有権留保解除申請書 ocr第1号様式記入例

OCR第1号様式 申請用紙の入手方法

運輸支局や自動車登録検査事務所で配布しています。

運輸局の自動車関連のページからもダウンロードして入手できますが、ダウンロードして持参したものは読みとりエラーとなることが多いようですので、出来れば運輸支局で直接入手することをお勧めします。

参考までに国土交通省のOCR申請書の入手ページのリンクです。

自動車:OCR申請書各種様式について – 国土交通省 (mlit.go.jp)

OCR第1号様式 記入方法

上から順番に必要な箇所だけを切り抜いて記入例を解説していきます。

見やすいように赤色で記入例を表示していますが、マス部分は黒鉛筆で、署名欄は黒ボールペンで記入してください。

「変更登録」にチェックを入れ、業務種別は「4」を選択。

OCR第1号様式。所有権留保解除

申請用紙の一番上の部分です。

OCR第1号様式の用紙の上の部分は、変更登録にチェックを入れ、業務種別は4を記入します。

全て左詰めで記入していきます。

自動車登録番号はナンバープレートの番号です。

地域名に続く分類番号(小型車なら5xx、普通車なら3xx)にアルファベットが含まれている時はアルファベットを記入したマスの下を塗りつぶして下さい。

車台番号はハイフン(-)より前の部分は省略し、ハイフン以下の7桁の数字を記入します。

車台番号が「ABC-1234567」であれば、ABCを省略して「1234567」の部分を記入します。

ハイフン以下の数字が7桁未満の時は左詰めで記入し、自動車登録番号同様、アルファベットを記入したマスがあればその下を塗りつぶして下さい。

ここからは新所有者(現在の使用者)の氏名や住所に変更がある時とない時で記入方法が変わってきます。

新所有者の氏名や住所に変更がない時

登録番号や車台番号を記入した項目の真下に「所有者欄」という項目があります。その項目の「氏名又は名称」欄の左端のマスに「1」と記入します(上図参照)。

提出する印鑑証明の氏名や住所と車検証の使用者欄の氏名と住所に変更がない時は、これだけです。

印鑑証明の氏名や住所と車検証の使用者欄の氏名や住所がが違う時は次の項目を参考にしてください。

最後に申請人の欄を記入して終了です。

OCR第1号様式。所有権留保解除の申請者記入例
「登録の原因とその日付」の日付は厳密な日付である必要はありません。最後の支払日やディーラーで委任状をもらった日を記入しておけばいいです。

旧所有者の部分は、車検証に記載されている所有者をそのまま書きます(ディーラーや信販会社など)。

登録の原因は、「譲渡」「売買」「ローン完済」等を記入します。

新所有者の氏名や住所に変更がある時

新所有者の氏名が婚姻や養子縁組等により変わっていたり、転居等で住所が変わっている時は印鑑登録証明書の情報に合わせて自動車の登録情報も変更する必要があります。

「所有者欄」の氏名又は名称の左端のマスに「1」を記入します。そして新しい氏名や住所を記入します。

住所を記入する際は「住所コード」で記入する必要があります。

住所コードの調べ方と記入方法

OCR用紙に記入する上でおそらく一番厄介なのが住所コードです。

運輸支局の窓口で聞いても冊子を渡されて自分で調べなければなりませんので、事前に調べておくことをおすすめします。

住所コードは以下のサイトで調べられます。

国土交通省自動車登録関係コード検索システム (mlit.go.jp)

住所コード検索のページにリンクしていますが、もしトップページに飛ばされた時はメニューから「住所コード検索」または「住所コード検索(自由記入)」を選択してください。

コードは全て左詰めで空白を開けずに記入してください。

例:兵庫県(28)/神戸市東灘区(008)/住吉本町(1187)→280081187

「所有者欄」の記入が終わったら、申請用紙の下部にある申請人の欄を記入します。

OCR第1号様式。所有権留保解除の申請者記入例
「登録の原因とその日付」の日付は厳密な日付である必要はありません。最後の支払日やディーラーで委任状をもらった日を記入しておけばいいです。